漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

ウエマツ薬局イメージ1ウエマツ薬局イメージ2

薬局情報

薬局名 漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
代表者名 代表取締役  植松光子
住所 〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
電話番号 049-245-6637
FAX番号 049-245-6158
E-mail gze03435@nifty.com
URL http://www.kanpo-bijin.com/
http://www.kanpo-uematsu.co.jp/
設立日 1983年10月8日
他100選受賞 【漢方相談部門】https://kampo100.com/uematsu/
【不妊・子宝部門】http://funin100.com/uematsu/

薬局の特色

 ウエマツ薬局はアトピーに力を入れております。なぜならステロイド軟こうによる治療だけよりも中医学の考えで対応しますと、全身がよくなり、再発しにくいからです。

中医学でその原因を見ますと、原因は血の熱「血熱」です。交感神経の緊張、皮膚を潤す夜間の睡眠時間が足りないなどで、体が熱くなり、血熱となり、皮膚が赤く乾燥しかゆくなる、といったことが原因となっています。また食生活の乱れで湿熱もおこし、ジクジクした症状もでて、食べ過ぎると悪化するひともあります。

その血熱や湿熱を改善する漢方薬を、症状と体質に合わせて飲んでいくと、多くの方は症状が改善します。さらに体全体の皮膚も丈夫になり、掻いても傷がつかなくなり、艶も出てきて美しい肌になります。

またウエマツ薬局に来店されている、アトピーの女性の7割に、生理不順や生理痛を起こしている女性が見られました。これらは不妊につながります。 アトピーの女性が不妊治療でホルモン剤を使いますと真っ赤に腫れることが多々見られ、治療中止になることがあります。その場合も漢方薬でアトピーを治し、血熱を改善しますと妊娠できます。

さらにステロイドでも治療困難な「結節性痒疹」「アミロイド苔癬」も煎じ薬でかなり早く改善でき、喜ばれています。 また皮膚の薄い「乳首のアトピー」や「陰部のアトピー」も皮膚を丈夫にするのでよくなります。

このように中医学は全身を健康にきれいにしますので、植松自身も楽しく相談させていただいています。

アトピー改善について、貴店が得意とするタイプがあれば教えてください。

1:乳首のアトピー。女性の陰部のアトピー。
両方とも皮膚が非常に薄く、また女性にとって大事な場所です。ステロイド軟こうを使いますと皮膚はさらに薄くなります。痒みで夜も眠れなくなり、辛いものです。
漢方薬は女性の生理を整える生薬が多く、当帰、紫根など血流を良くするものがあります。これらの入った内服薬や漢方の軟膏や漢方薬の湿布などで炎症をとり、皮膚を丈夫にして無理なく改善できます。
2:男性の陰嚢のアトピー
  蒸れて熱くなるところですので、ズボンを穿く男性にとって辛い場所です。
事務職や学生に多く、仕事中、授業中かゆくても掻くことができません。
陰嚢は非常に皮膚が薄く、ステロイドを吸収しやすい場所ですので、つけるとさらに皮膚は薄くなり、治りにくくなります。
湿熱をとる漢方煎じ薬を飲んでいけば、時間はかかりますが、ほとんどの人は改善されています。

3:アミロイド苔癬
掻きむしりにより、赤黒い丘疹がびっしり皮膚にできて、女性にとって美容上辛いものです。これは中医学の考えでは「瘀血」ですので、中医学の得意とするところです。
西洋医学では治療法が少ないのですが、漢方薬で血流を良くしていけば、時間はかかりますが、いつの間にか消えていきます。

4:かゆみのひどい痒疹
痒みは辛いものですが、痒疹はさらに痒みがひどく辛いものです。
皮膚が弱いとなりやすいので、皮膚を作るのは胃腸ですので、食事を指導し、胃腸を丈夫にする漢方薬で楽になる方が多いです。

アトピーの原因としてどういった可能性が考えられますか?

1:皮膚は心を持っている、といわれる。確かにアトピー素因を持っている人で、ストレスや環境の変化、緊張の持続で悪化する人が多く見られる。

2:アトピー素因を持っていて、皮膚を外敵から守る「皮膚バリア」の機能が弱く、アレルゲン(痒みなどアレルギー症状を引き起こす原因)が入りやすい
3:よく噛まなかったり、消化力が弱いと蛋白質がアミノ酸に消化されずに体内にはいり、異物と認識されてアレルギー症状がおこり、丈夫な肌がつくられない。

中医学では血熱、湿熱・脾虚が原因と考えられている。 血熱とはストレス・辛い物・ケーキ・チョコなど甘いもの・酒・便秘などで、その結果皮膚が赤くなったり炎症が発生する。
交感神経の緊張により体は熱くなり、血流は悪くなり酸素は行き渡らなくなり、熱により皮膚は乾燥してくる。 また脾虚により消化力が弱いので下痢、便秘の人が多く、丈夫な皮膚を作る力が弱いので乾燥しかつ敏感な皮膚ができ、かきむしることにより悪化する。

以上体質とストレスなどでアトピーが起こると考えられる。

アトピーはどうすれば改善できますか?

植松光子の40年間にわたる観察では「気・血・水」の流れが悪くなると痒みが起こり、掻きむしることによって皮膚を傷め、アトピーを悪化させることが分かった。

その流れが悪くなる原因は
1;長い期間の緊張の持続
2;野菜不足
3:睡眠不足
4:運動不足
5:皮膚の栄養素の不足

養生7割薬3割といいます。
頑張りすぎない。早く寝る。葉物野菜をたっぷりとる。軽い運動を続ける。皮膚の栄養素をとると丈夫な皮膚になります。
1:ステロイド軟こうだけに頼らずに漢方薬を同時に併用する。 ステロイド軟こうの副作用は皮膚を薄くするので、長期間、顔に塗っていると血管が浮き出る酒皶様湿疹となる。それを恐れて使わないと悪化する。 漢方薬と食養生で皮膚を丈夫にしていけばステロイドの副作用も防げて、同時に症状も早く軽くなる。ステロイド軟こうも早くやめられるので、多くのかたにこのことを知っていただきたい。 2;いま現在の炎症を抑える。状態を改善する漢方薬の内服と外用、ひどければステロイド軟こうも併用する。 3:掻かない工夫  掻くことにより皮膚は傷み、硬くなり、かゆみは広がる。 しかし掻くと脳と関係し快感が起き、やめられないことが分かってきた。 冷やすことでかゆみを脳が感じなくなることもわかっているので、掻き始めたらすぐに、冷やすのもよい。

過去の事例からアトピーを改善できる可能性について教えてください。

途中で漢方薬を飲むことをあきらめなければほとんどの方は改善できるとおもっています。 ステロイド軟こうだけでは抑えるだけで、治したのではないので、再発しやすいのです。
乳幼児のうち、或いはかゆみが発症した段階で早く漢方薬と血流をよくする生活、食事をすればひどくならないですみます。
漢方を飲んでいれば皮膚が丈夫になります。
ただしあまりにひどいときは漢方だけでは無理なので、ステロイド軟こうと併用しながら治していけば社会生活を送りながら治していけます。
皮膚が完全に色素沈着が取れ、乾燥肌も落ち着きかゆみが取れるまで年数はかかりますが、いつの間にか治っています。

貴店への依頼方法や流れを教えてください。

ラインビデオカメラ

概算の費用目安について教えてください。

早く治したいときは一日1000円 
良くなってきたら1日700円くらい
食事に気を付けてゆっくり治していきたい人は1日500円~450円
以上漢方薬のみの代金
効き目を早くしたいときは漢方薬の軟膏やクリームなど併用します。
1個1800から3000円くらい
初回1,2週間分その後は2,4週間分

アトピー改善を望むご本人やご家族に対するメッセージをお願いいたします。

アトピーで悩んでこられたあなたへ。 希望を持ってください。きっとあなたの希望は叶います。 半袖が着たい。夜ゆっくり眠りたい。スカートをはいて外出したい。きれいな肌になりたい。 私はアトピーの方が大好きです。 なぜなら真面目で頭がよくて、何でも一生懸命やっているあなた。芸術家タイプも多いです。 話をしていると楽しいです。 でもきっと交感神経がいつも緊張しているから血が熱を持って血熱となり、皮膚が赤くなって乾燥し、かゆくなっているのです。 まじめなよい性格だからです。 それは社会人として、人として優れた素質です。でもちょっとがんばりすぎかもしれません。 少しリラックスしてゆるい生活をし、食事に気をつけて自分の好きなことをしてみましょう。 そして漢方薬を飲んで、ウエマツ薬局でのんびり薬膳スイーツを召し上がっておしゃべりしていくうちによくなっていきますよ。私の本も読んでください。

ご来店案内

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

住所 〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
連絡先 TEL:049-245-6637
FAX:049-245-6158
営業時間 10:00~17:00
定休日 木曜・日曜・祝日
店舗写真




サブコンテンツ