漢方薬カワシマ

漢方薬カワシマイメージ1漢方薬カワシマイメージ2

薬局情報

薬局名 漢方薬カワシマ
代表者名 代表取締役 川島達雄
住所 〒989-6145 宮城県大崎市古川北稲葉2-10-51
電話番号 0229-23-1262
FAX番号 0229-23-1218
URL http://kanpo-kawashima.com
設立日 昭和56年3月21日
他100選受賞 【子宝部門】http://funin100.com/kusuri-kawashima/
【漢方相談部門】http://kampo100.com/kusuri-kawashima/

アトピー改善分野について漢方薬カワシマの特徴

漢方といっても様々な流派があり、当店は生薬の本場である中国の中国漢方(中医学)が専門です。中国には中医薬大学など専門の教育機関、付属病院などがあり、日本とは比べ物にならない臨床実績の上で進歩を続けています。この最新の知識を得るために、日本中医薬研究会に所属し、皮膚病専門講座に参加したり、中医薬大学付属病院などで研修などを行ってきました。
また、漢方や中医学にとらわれず、様々な分野の学会・研究会に積極的に参加し、多角的にどうすれば慢性皮膚病が改善するか常に新しい情報を取り入れています。

アトピー改善について、貴店が得意とするタイプがあれば教えてください。

強い紅斑やジュクジュクした滲出が多いなどの急性期は得意です。症状に合わせた適切な漢方薬を使うことで早期に改善するケースが多いです。

アトピーの原因としてどういった可能性が考えられますか?

アトピーの原因は中医学では脾(胃腸)・肺(皮膚や呼吸器)・腎(免疫)のバランスが崩れた状態ととらえます。

アトピーはどうすれば改善できますか?

症状のでる部位は皮膚ですが、腸内環境や免疫バランスが大きく関わっています。そのため漢方薬でバランスを整えるのはもちろんですが、生活習慣を改善する必要があります。
ライフスタイルなどによっても出来ることにも限度があります。当店ではカウンセリングの上出来ることを一緒に探しながら改善していきます。
また、アトピーの皮膚症状は悪化する時期と落ち着いている時期を交互に繰り返します。経過とともに悪化する時期や回数が減り、落ち着いている時期が長くなっていきます。

過去の事例からアトピーを改善できる可能性について教えてください。

赤みが強い紅斑やジュクジュクした状態は3〜7日で状態が変化しますので、こまめに対応しながら改善します。このような場合は2〜4週間で落ち着くことが多いです。
炎症が比較的落ち着くと、ドラインスキンや苔癬、色素沈着が残りますがこちらは根気が必要です。外用のほか内服でも皮膚に栄養、潤いを与えながら皮膚のバリア機能を高め、再発しないようにケアしていきます。
生活習慣にもよりますが、とくに食養生も頑張っていただけると3〜4ヶ月で今までの症状の半分以下に落ち着きます。

貴店への依頼方法や流れを教えてください。

毎回来店必須

概算の費用目安について教えてください。

20000円〜

アトピー改善を望むご本人やご家族に対するメッセージをお願いいたします。

当店にアトピーのご相談でお見えになっている方の多くは、長年苦しんできたという方がほとんどです。アトピー性皮膚炎と言っても症状は一人一人違います。赤み、ジュクジュク、ブツブツ、カサカサ肌。当店では、十分な時間をかけその時の皮膚症状や体の状態、季節に応じたケアの方法をその方に合わせてアドバイスさせていただきます。ご質問や心配なことなどは何でもご相談ください。アトピー性皮膚炎は季節やその方の環境に影響され憎悪と緩解を繰り返します。一喜一憂せず、先を見据えて一緒に改善を目指しましょう。

ご来店案内

漢方薬カワシマ

住所 〒989-6145 宮城県大崎市古川北稲葉2-10-51
連絡先 0229-23-1262
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日・祝
店舗写真




サブコンテンツ